我が街の粗大ごみの回収。

現在、市のホームページを確認してみると、3R(スリーアール)とやらが、掲げてありました。

①物を大切に使おうリデュース発生抑制

②繰り返し使おうリユース最使用

③再び資源として利用しようリサイクル再生利用

確かに素晴らしい考え、提案ですね。

一昔前なら、ゴミにお金を払うなんて考えられなかった。それこそ、もったいないという考えでした。捨てるものに、わざわざお金を払うなんて信じられない。

でも、当然といえば、当然ですよね。廃棄、解体等莫大な費用がかかったり、今まで作りっぱなしだったんです。

なにもかも。

ご飯も作って食べっぱなしだったんです。私なら、一喝片付けなさいと怒っているでしょう。それと同じ事になるわけです。

作る側、使う側がちゃんと認めて考える事が必要だったんです。

バブル時代は、楽しかった、反面課題も多く残しました。これも、バブル以前からの宿題だったのでしょう。

さて、我が街の粗大ごみは、申し込みして、粗大ごみ処理券を購入して、ごみに張り付け回収してもらうという、いたって単純なものです。

先日、わが家の掃除機が不調を訴えて、止まってしまった。エンジンから焦げた臭い。ダメだ!完全に、ダウンしてしまった。

諦めて、粗大ごみ化してしまいました。

どうしよう!確かに、300円、高くは無い、だけど 安くも無いです。

そうそう、小さくしてみよう。それなら、普通の小型ゴミになるのでは。

掃除機の分解をやってみました。

うぇ~ん。ネジなど分解に必要な入口が見当たらない!ネジが有ったが、回らない、回っても全く関係ない部分で意味が無い。主人と二人掛かりで力ずくで分解しよう。

取り合えず、小さくなりました。よ~し、ここまで来たら、絶対無料の小型家電として待って行ってもらいたい。

今週、水曜日がその日です。袋を分けて出してみます。ゴミのおじちゃん、どうかよろしくお願いいたします。持って帰ってちょうだい!