PR| 平屋住宅の魅力を提供します |

日常的に出てくる生ごみとは異なり、大掃除の時は粗大ごみも発生します。家庭ごみは自治体でも回収をしていますが、粗大ごみのように大きなごみに関しては普段のごみとは回収方法が異なるケースが多いです。

 

粗大ごみを自治体に回収してもらう際は、別途粗大ごみ回収用の費用が発生することも珍しくありません。個別に粗大ごみの回収依頼をして、回収費用を支払って処分してもらうのです。また、自治体によってはごみ処理場に持ち込んで処分してもらうことも可能になっている場合があります。この場合はごみ処理場に持ち込んだ方が処分費用が安くなるケースが多いので、大掃除でたくさんの粗大ごみが発生した場合は、ごみ処理場に持ち込んで処分費用を安く抑えると良いかもしれません。

 

粗大ごみの内容によっては、処分業者に回収してもらえることもあります。この場合は処分費用が発生するケースと無料で回収してもらえるケースがあるので、まずは処分業者に問い合わせて費用を確認してみると良いでしょう。無料で回収してもらえる粗大ごみなら、処分業者に回収してもらうのが最も低コストで粗大ごみを片付ける方法になります。

 

私は引越しを機に少し壊れかけていた本棚を廃棄することにしました。
引越しにお金がかかるので廃棄に費用をかけずに処理したかったのですが、業者に依頼すると5000円程かかるとのことでした。
市に依頼すると数百円で出来たようなのですが依頼しようと思った日が週末で対応不可だったため、時間もないため断念しました。自家用車も持っておらずとても悩みました。

 

費用を抑えるために業者に依頼しないことに決めたので、大きくてつくりもしっかりした本棚をネジを外して解体しました。
一度は解体後の木の板をノコギリで切って燃えるゴミとして出そうと考えましたが、分厚いのでそう簡単に切れそうにないため、リサイクルショップに問い合わせてみました。

 

すると買取価格は木の板1枚につき1円で良ければ引き取りは出来るという返事をもらったので、そちらのリサイクルショップで引き取っていただき解決しました。

 

全てのリサイクルショップで対応が可能かどうかはわからないですが、一度問い合わせてみる価値はあると思います。

PR|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|ショッピングカート|ショッピングカート|童話|女性向けエステ.com|女性の人生|お小遣いNET|生命保険の口コミ.COM|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|AGAお悩み相談.com|オーディオ