地方の大学から引越しして実家に帰って来るまでの時間にあまり余裕は無く、全てのケースや戸棚の内部にまで要不要のチェックを行き届かせる事が出来なかったという事もあり、実家に到着してからの不用品処分が結構手間の掛かる作業となってしまいました。

その中でも特に手間が掛かったのは衣装ケース内に大量に残っていた古着の数々。

本来なら引越し前に全て中古買取等により処分すべきだったのでしょうが、前述の様に片付けの時間が取れず、また中にはまだ着れそうな衣服も混じっており、もう少し冷静なチェックと分別が必要なのでは?と思った次第。結局引越し先である実家に一旦落ち着いてから作業に掛かる事にしました。

結果的には思った程に着られる衣服は少なく、ほんの数着程。残りは全て不用品とし、せっかくの機会だからと出てきた引越し荷物あるいは実家から出た粗大ごみと合わせ、数回に分けて処分する事となりました。

業者に依頼すれば一発で終わらせてくれるのでしょうが、幸いにも広い荷物スペースのワンボックスを持っており、これを利用し処分場までピストン輸送すれば安く上げられるだろうと、こちらの方法を選択したのです。

最終的には2往復で全ての持込みを完了させる事が出来、処分コストを大幅に減らす事に成功したのでした。